デリヘル立川.tokyo

デリバリーヘルスを立川の周辺でご提供

*

激安デリヘル「サンキューグループ」が摘発された理由は写真と違うから?

   

激安デリヘル「サンキューグループ」が摘発された理由は写真と違うから?

激安のデリヘル「サンキューグループ」はデリヘルファンのファンの方にはご存知の方が多いでしょう。

この激安デリヘルの代表が逮捕されると言う事件が数ヶ月前に起こりました。

ニュース記事によると、サンキューを頼んだお客さんが頼んだデリヘル嬢が全く違う人だったというクレームが非常に多く警察に入ったということでした。

しかし、実際には裏で本番を強要していたことが明るみにでた結果でした。

「『サンキュー』は、北は北海道から南は大分県まで全国65店舗を展開して、年商4億円を稼いでいました。

デリヘルは本番行為はせず、一歩手前のサービスに止めると解釈されていますが、サンキューでは売春をさせていたことが発覚したのです」

(中略)

「サンキューの特徴は激安にもかかわらず、放尿などの過激なプレイまで無料で提供する点でした。

しかし3900円のうち、女性従業員の取り分はたった1900円。納得するわけがない。

多くの女性たちは本番行為をする代わりに60分以上のコースを客に選ばせて、客単価を上げて稼いでいた。それを店も奨励していたようです。もっとも、売上げが少ないことに変わりはありませんが、不景気のあおりで、働き手の女性は十分集まっていたようなんです」
ヤフーニュースより

激安のデリヘルのサンキューグループには、安かろう悪かろうの女性が多く在籍していたにもかかわらず、全く別人の写真を使ってお客さんを騙していました。

風俗の業界では、パネマジと言う言葉があるぐらい、写真には修正が入っていますが全く別人の写真を使うという一線を超えてしまいお客さんを怒らせてしまったようです。

 - デリヘルのニュース